写真は、そこにいなければ写らない。それは確かなことなんだけど、写真を撮るためにそこに行き、たかだかカメラを構えてシャッターを押しただけなのに、撮ることやら撮った写真に理屈をくっつけたがる。それが、写真の見方、読み方をもっともらしくさせる。(『ズレたシャッターチャンス』丹野清志 )


『台風一過』

台風19号が通り過ぎた10月13日に、リコーGRⅢで撮影。


列島各地で甚大な被害が出たが、この地方は台風の左側になったため特に目立った被害は無く翌日は雲ひとつない青空が広がっていた。朝から夕方まで雲一つ無い快晴というのは非常に珍しく、清々しくもあり、異様でもあったのだが、日が経つにつれ被害の広がりを報道で知ることとなり、あの日の快晴の異様さが自分の中で浸潤している。


被災された方々を思うと心が重く沈みます、謹んでお見舞い申し上げます。

2019.11 新海 裕幸


『少しだけハローウィン』

渋谷の賑わいにはかないませんが、少しだけハローウィンの町を足早に歩き人物スナップを拾いました。『肖像権』なんて何のその。いちいち撮影許可を取っていたらスナップ写真にはなりません。

2019.11 のぶなが


『絶景』

この秋に青森県の下北半島で撮った写真です。大畑町と下風呂温泉です。ローライフレックスTとフジカラープロ160NSを使っています。

先月お知らせした私の小写真展はおかげ様で盛況です。私はほとんど会場にいませんが、たくさんの方が訪れて感想を残してくれます。感謝です。ただ、写真展の期間中、私はいつも沈んだ様子に見えるのだそうです。いろんなひとにそう言われます。「もっと嬉しそうにしたら」と言われることもあります。どうしたものなのか、自分でもよく分かりません。

2019.11 阿部 敏之


『逍遙遊(奈良・明日香)』

10月10日に急に思いついたように東海道新幹線に乗り込んだ。行先は奈良・明日香である。2007年頃だろうか。明日香で石の構造物、遺構が発掘されたという報道があってから一度実物を拝見したいと思っていました。この明日香一帯には石の造形物が点在しています。私は以前から遺構が必ず出る。と確信していました。それが発掘されたので見たいと思いながら現在になってしまいました。

京都で新幹線を降り近鉄で奈良へ。そして途中電車を乗り換えて今日は室生寺と菩提寺長谷寺へまず行くことにしました。女人高野と言われる室生寺だが、いつだったかの台風で破損したという事なのでちゃんと修復されたか確認にきたと言うわけです。そして菩提寺長谷寺の観自在菩薩に日々の安穏を報告。

しかし、歳は取りたくないねぇ。二つの山を登っただけで精も根も尽き果てた。JR奈良駅前のホテルの部屋へ入るなり、ベットの上に倒れこんでそのまま眠ってしまい目を覚ましたら朝だった。ホテルのフロントが温泉があると言ってなかった。しかしそんな余裕はなかった。

ホテルを出て近鉄奈良駅までぶらぶら歩く。近鉄奈良駅から飛鳥駅を目指す。途中、橿原神宮前駅での電車の乗り換えで、駅中のドトールで朝のコーヒーを飲む。取り敢えず飛鳥駅に着くと駅前のレンタサイクルで自転車を借りて出発。まずは久しぶりの猿石と亀石をみて聖徳太子が生まれたと言われる橘寺をまわり石舞台に。そして今回の本命「酒船石遺跡」。予想していたより大きい。いや、まだ発掘途中だ。感動。素晴らしい。感動。そして最後に飛鳥寺の飛鳥大仏に久しぶりに対面。飛鳥寺は我が国最初の仏教寺院である。飛鳥大仏(釈迦如来坐像)も我が国最古の仏像である。そして飛鳥寺の裏にある石塔は蘇我入鹿の首塚と言われている。

実は、今晩は明日香村に泊まって飛鳥鍋を食べたかったんだが台風19号が近づいているとの情報が入り撤退することに決めました。この判断は正しかった。台風19号は大きな被害をもたらした。

2019.11 北斎やわら

2019.11 北斎やわら